養子

| 未分類 |

故人が生前に持っていた財産を分割するのが相続ですが、相続人の範囲は法律で定められています。
まず絶対的なのが、配偶者です。ただし、内縁関係の場合は法定相続人にはなれません。
次に、故人の子供、直系尊属、兄弟姉妹という順番で優先的に相続人となっていきます。

また故人に養子がいた場合ですが、養子は縁組を受けた日から養親の嫡出子として扱われることとなりますので、第一順位の相続人となります。その他、法定血族関係があるとして、養親だけでなく養親の血族との間にも相続権が生じます。

また養子の場合は、戸籍を抜けても実親との親子関係が消滅したわけではないので、自然血族関係のある実親の相続権も取得することとなります。
ただし、これは養親と養子が合意の上で行った普通養子に限った場合です。
これに該当しないケースの養子が特別養子です。
特別養子とは、原則として6歳未満の幼児に対して、養父母となる者が家庭裁判所に請求し特別な事情が認められた場合に、実親および血族との親族関係を終了させ養子縁組を成立させる制度のことを指します。
この場合、養親との間には普通のケース同様相続権が生じ、第一順位の相続人となりますが、実親との間に相続権は生じないこととなります。