相続財産

| 未分類 |

相続人は被相続人の財産を継承することができます。これは、被相続人の財産を、相続を放棄することもできるということです。
法律において相続財産はどのように定義されているのでしょうか。それは、亡くなった方の運命や、地位以外の権利と義務となっています。

亡くなった時の財産は、いくつかのカテゴリに分けて考えることができます。それは、現金、不動産、預貯金、その後に見つかったものと、分けることができます。これらは、協議によって相続人に分割するのが、一般的であり遺言書があるなどしても相続人の権利が法律で定められているのです。
財産の管理にはその規模や種類によって費用がかかるといえます。例として不動産であれば、現在そこに住んでいる人がそれらの費用を支払っているといえますが、協議によってその範囲をしっかりと見定めなくてはいけません。もし、裁判などで証人となっている場合などは、その義務がなくなるわけではなく、相続人がその後の義務を負うことになったならば、その範囲を計算しておかなくてはいけません。これらは、弁護士の協力が必要になると考えます。

仮に、交通事故などの場合には、逸失利益(本人が生きていたならば得られたと考えらる利益)や精神的な面から、賠償金を請求する権利があります。ただし、生命保険や死亡退職金などは、法律やその契約により受取人が指定されており、これに従うものとしています。最後に、個人の未支給年金があるといっても、これは固有財産となります。