相続とは

| 未分類 |

相続という言葉は良く耳にしますが、一般的な認識では預貯金や不動産などの財産を受け取ることができる権利という認識でいる人が大半を占めてます。

しかし、遺産というのはもちろんプラスの財産も含まれていますが、借金などのマイナスの財産も含まれてます。この場合、遺産を譲り受けた人に債権者から請求が来るようになりますので、借金が多い場合には裁判所で放棄の手続きをするケースがほとんどです。しかし、これには期限があり、マイナスの遺産を自分が受け継ぐことになっているという事実を知った日から三ヶ月以内に手続きをしなければなりません。

また、複数の人で遺産を分割するケースが多々ありますが、この場合、分割協議で話がまとまることもありますが、誰が何を譲り受けるかで揉めることも珍しくありませんので、その場合には家庭裁判所で調停の申立てをして話し合いで解決したり、審判で判断を下されることになります。また、自分の死亡後に財産を誰に渡すかということを、あらかじめ遺言書に記載しておくというケースもあります。このように、遺産の譲り受けと一口に言ってもいろいろなパターンがありますし、受け取る側にとっても、遺産を残す側にとっても、複数の選択肢があります。