相続の開始

| 未分類 |

相続は人の死亡によって開始します。相続人がその事実を知っていたか否かにかかわらず自動的に開始します。生死不明の場合にはその事実が明らかではないので相続は開始しません。しかし、これでは生死不明状態が続く限り財産の処分や遺産分割協議はできませんし、配偶者は離婚も再婚もできない中ぶらりんの不安定な状況に置かれることになります。

そこで、ある人が一定期間、生死不明になっている時に家庭裁判所に失踪宣告の審判を請求して財産関係、身分関係につき死亡の効果を発生させる制度が失踪宣告です。普通失踪と特別失踪があり、普通失踪は7年間生死不明の場合に、特別失踪は従軍や船の沈没など特別の危難に遭遇したとみられる時から1年間生死不明である場合に、利害関係人が審判を請求することができます。審判が確定すれば普通失踪の場合は7年の期間満了時に、特別失踪の場合は危難の去った時に死んだものとみなされるので、その時点が相続の開始時期になります。

普通失踪が7年の期間満了時であるのに対し、特別失踪では1年の期間満了時ではなく危難の去った時にまで遡って効果が発生する点に注意する必要があります。なお、死んだものとみなされてもその者の権利能力が失われるわけではありませんが、相続や婚姻解消といった財産関係、身分関係の変動が生じます。もしその後、本人の生存が明らかになった場合には本人または利害関係人が取消の請求をすることになります。