ウェディング01相続人とは、法律によって相続財産を承継する者のことです。子またはその代襲者が第1順位で相続します。

代襲相続とは、相続を受けるべき者がいない場合に、その者の直系卑属がその者の受けるはずであった相続分を代わりに受け取るものです。相続を受ける者が数人あるときは全員が同順位となります。養子は実父母と養父母の双方に対して第1順位で相続します。相続する者は、相続開始時に生存していなければなりませんが、胎児については、すでに生まれたものとみなして相続権を保障します。直系尊属は第2順位で相続します。

第1順位で相続する者がいる場合には相続することはできません。しかし、これらの者が相続放棄をした場合等には、相続することが可能となります。直系尊属の中では、親等の近い者が優先的に相続します。兄弟姉妹は第3順位で相続します。第1、第2順位で相続する者がいない時に相続することができます。兄弟姉妹には代襲相続が認められますが、再代襲はできません。
配偶者は常に相続することができます。第1、2、3順位で相続する者があるときはそれらの者と共同して相続します。相続権を有するのは法律上の配偶者であり、内縁の場合には相続することができません。