欠格と廃除

| 未分類 |

被相続人に対し、法定相続人が故意に不正な行為をおこなうことにより利益を得ようとした場合、その法定相続人は相続人としての資格を失います。具体的には被相続人の生命を侵害する行為をおこなったり、遺言に対する違法な干渉をおこなったりすることがこれに該当します。

これらの事由に該当する場合、法定相続人は相続欠格となり法律上当然に相続人としての資格を失います。また受遺者としての資格も失いますので遺贈を受けることもできません。ただし代襲相続は可能ですので、その子には相続権は発生します。

これに対して被相続人の意思により、法定相続人としての地位を失わせる手続きのことを廃除といいます。被相続人に対し虐待や侮辱を加えたり、重大な非行が認められる場合にこの手続きを利用することができます。この手続きをおこなうためには家庭裁判所に申し立て、調停もしくは審判をうけなければいけません。審理の結果廃除が認められると、該当する相続人はただちに相続人としての地位を失います。
なおこの申し立ては生前におこなうこともできますが、遺言によって申し立てることも可能です。ただし対象となる人物は遺留分を有する推定相続人であることが求められているため、そもそも遺留分を有しない兄弟姉妹については対象となりません。