ウェディング02人が亡くなると相続が発生します。相続できる人や相続の割合は民法で定められています。この定められた相続人のことを法定相続人といいます。

まず配偶者は常に蔵族人になります。この配偶者は、法律上の婚姻関係があるものに限られ、内縁の配偶者や愛人は相続人にはなれません。その他の相続人は、相続できる順位が決められています。第一順位は子供もしくは孫、ひ孫になります。これらの人を直系卑属といいます。この子供は実子だけではなく、養子や胎児も含まれます。これらの子供は、正妻の子供であっても愛人の子供であってもすべて権利は同じなので複数名の場合は、人数分で分けることになります。配偶者と子供が相続人の場合は、それぞれが二分の一ずつ相続することのなります。

第二順位が父母、もしくは祖父母になります。父母がいない場合は祖父母が相続人になります。これらの人を直系尊属といいます。配偶者と父母もしくは祖父母が相続人の場合は、配偶者が三分の二、父母、祖父母が三分の一の割合で相続します。第三順位が兄弟姉妹もしくはその子供になります。配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合は、配偶者が四分の三、兄弟姉妹が四分の一を相続します。兄弟姉妹が死亡している場合はその子供が相続します。