被相続人の相続人

| 未分類 |

和室相続とは財産などの権利や義務を包括的に承継することで、一般的には死亡を原因に開始しますが、この場合の死亡には失踪宣告や認定死亡も含まれます。そして、このとき財産を承継する人を相続人といい、相続される財産の元の持主を被相続人といいます。

 相続財産の承継は妻と子供、兄弟姉妹及び血縁の両親です。法人は相続能力を有しませんが、しかし、胎児は相続能力を持つとされていますので、相続が発生した時点に妊娠していれば承継する事ができます。
 ところで、相続によって分けられる財産を相続分といいます。相続分は遺言によって指定できますが、遺言による指定が無い場合には民法の規定が適用され、これを法定相続分といいます。
 また、相続には順位と相続分について決まりがあり、第一順位は配偶者と子供にあります。配偶者の相続分が二分の一で、残りを子供が均分します。第二順位は血縁の親になり、相続分は配偶者が三分の二、残りを血縁の親が相続します。第三順位は兄弟姉妹で、配偶者が四分の三、残りを兄弟姉妹が均分します。相続される人よりも先に相続する人である子供が死亡している場合には、その子供である孫が相続権を承継する、代襲相続という制度があり、直系の卑属には更に再代襲という制度がありますが、それが兄弟姉妹である傍系卑属の場合は、代襲のみで再代襲は認められていません。

 いずれの場合にも、相続する人が相続権を放棄した場合には代襲相続権も無くなります。
財産の承継者は、原則として、相続すべき財産に関する一切の権利義務を承継するので、負債も相続の対象になります。