窓相続トラブルは、遺産が少なくても、家族仲がいいと思っていても発生することがあります。多いのは、遺産の分配の割合です。介護をした人や一緒に生活した人が多くもらえそうですが、実際は遺言書などがない限りもらいそこねるケースもあります。特に、配偶者が亡くなったあとも配偶者の親の介護をしても法律上は遺産をもらう資格がないため、事前の遺言書を用意するなど争いにならないように対策を取る必要があります。

また、家族内であっても虐待や財産の不当処分など廃除の理由があったり著しい非行があり、この人にだけは遺産を残したくないと思う人が人いる場合は民法上廃除という制度を利用し家庭裁判所に推定相続人廃除調停申し立てすることによって、相続廃除することが可能です。ただし、廃除された相続人に子供がいた場合は、その子供に相続権が移行するため、相続放棄と異なります。

相続するのは、貯金などのプラスだけではなく借金などのマイナスも相続対象になるため、マイナスの財産が多い場合は、相続放棄の手続きをとる必要があります。相続放棄は、知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てる必要がります。相続放棄は故人の他界前には行うことができません。
トラブルを避けるためにも専門家に相談を行うなど対策をとることが大切です。